Fake
| site map |
Fake
info

角松師匠 T&T @ BAJ

2007.07.28

FAKEのメンバー全員集合で、角松師匠の「Player’s Prayer Returns」ツアーの東京編・BLUES ALLEY JAPANに行ってまいりました。

●7月28日(土)BLUES ALLEY JAPAN
 18:00開場 19:30開演
 S指定席 ¥7,500(税込・SC込)

●メンバー:
 角松敏生 師匠(Vo・Gtr)
 友成好宏 先生(Key)
 梶原 順 先生(Gtr)

●set list
 UGAM
 アガルタへの道
 You made it
 Still know nothing at all
 Mermaid Princess
 風車
 サンタが泣いた日
 together
 青い水から
 これからもずっと
 君のためにできること
 IZUMO
 Mannequin
 生足の駝鳥
 Prayer
 浜辺の歌

 No End Summer
 ultima viagem〜 I See Ya
10ヶ月前に自分たちが立ったステージに、師匠たちが。。。
というより、うちらがステージにいて、角松師匠が客席から紙飛行機飛ばした・・などと言うこと自体が「ありえな〜い**」話で、夢でも見ていたのではと思っているのですが。
実は師匠、BAJのスタッフの方に「ボク、ここにお客さんとして来て、紙飛行機飛ばしたんだよ!」と話されたとかいないとか。。。
とにもかくにも、当時師匠に「そんなところでやるの〜!」と絶句されたほど、一流のライブハウスなのであります。

さて、軽井沢からスタートしたとはいえ、ここ東京に戻ってきて、いよいよ長い長いツアー本番に突入、といった感じですね。
それにしても、たった3人で、なんとも分厚いハーモニー。
マイクなしでも、地声で耳が痛いほどの角松師匠の声量といい、1音1音がしっかり心にしみこむ友成先生のピアノといい、指が何本あるか見ててもよくわからなくなる程の梶原先生のギターといい、
気がつきゃ、みな口をポカーンと開けたまま酔いしれてしまった夜でした。
※注・決して飲みすぎではありません。
(by キムラ風太)